山田兄弟製紙は、雲華紙、新鳥の子紙、襖紙などや環境にやさしいヨシ紙を製造しています。
   ホーム商品紹介>透かし・漉き合わせ和紙

透かし・漉き合わせ和紙
「透かし」の加工は、越前和紙の伝統的な技術で、紙を光に透かすと文字や絵柄が浮かびあがる美しい加工です。
漉き合わせは、彩り豊かな和紙をつくることができます。山田兄弟和紙では様々な色・柄の紙をご用意しています。
また、ご要望に応じてオリジナルの商品もご提案いたします。

主な用途
・ふすま紙
・壁 紙
・タペストリー
・照明器具
・封 筒
・便 箋
・ハガキ
・名 刺
・パッケージ
・包装材
インテリアからステーショナリーにいたるまで、様々な商品に使用可能です。紙の厚みも様々につくることができますので、用途に応じた紙をご提案いたします。


透かし加工とは
『透かし』とは、紙を光に透かした時、図柄または文字の一部が白く透けて見えるように繊維の数をその部分だけ少なくする加工です。光で透いた時と通常の時とで表情が変わるのが特徴です。
また、株券の偽造・改ざんなどの防ぐためにセキュリティとしての機能を持ちあわせています。

企業・学校などのロゴ・マークなど 模様・柄の透かし

漉き合わせとは
透かし加工同様、図柄や文字の一部の繊維を少なくしたものですが、色の異なる紙を裏側に漉き合わせることで、同じ図柄・文字でも様々な色の紙をつくることができ、色彩豊かに仕上げることのできる技術です。

松葉:ピンク 梅ちらし:緑 花車大:紫


山田兄弟製紙 株式会社 〒915-0235 福井県越前市不老町15-4
Tel:0778-43-0043 Fax:0778-43-0044
E-mail:papyrus@yamada-keitei.com