山田兄弟製紙は、雲華紙、新鳥の子紙、襖紙などや環境にやさしいヨシ紙を製造しています。
   ホーム鵜殿ヨシ原>日本の文化を支えるヨシ

 日本の文化を支えるヨシ

雅楽・篳篥(ひちりき)で使用される鵜殿のヨシ
日本の伝統芸能、雅楽の篳篥(ひちりき)のリード(蘆舌・ろぜつ)は、古い時代から鵜殿産のヨシが最良とされてきました。
現在でも宮内庁の篳篥奏者は鵜殿のヨシを使っています。
鵜殿ヨシ原の保全は日本文化である雅楽を支えることにも役立ちます。

雅楽で使われる篳篥(ひちりき) 篳篥のリード(蘆舌・ろぜつ)は鵜殿産のヨシでつくられています。


地域の生活文化を支えるヨシ
大阪・京都では、チマキを巻く葉にヨシの葉が用いられます。また、日本の建築にかかせないヨシズもつくられています。生活の中にもヨシは使われ、地域ではなくてはならないものです。
ヨシの葉で包んだチマキ


山田兄弟製紙 株式会社 〒915-0235 福井県越前市不老町15-4
Tel:0778-43-0043 Fax:0778-43-0044
E-mail:papyrus@yamada-keitei.com