山田兄弟製紙は、雲華紙、新鳥の子紙、襖紙などや環境にやさしいヨシ紙を製造しています。
   ホームヨシ紙について>ヨシ紙ができるまで

 ヨシ紙ができるまでの工程

12月下旬から2月頃ヨシが充分枯れた時に、刈取りを行います。 場所によってはオギも生えているため、刈取った後にヨシだけを選別します。


ヨシとオギを選別した後、ヨシだけを束にまとめて天日で乾燥させます。 トラックにヨシを詰め込みパルプ加工場に運びます。


パルプ加工場でヨシをチップ状に粉砕し、釜で煮てパルプにします。 当社ではヨシパルプを10%〜30%配合してヨシ紙を抄造しています。


当社では機械で紙を漉きます。一定の厚み・均質なヨシ紙を漉くことができます。 徹底した検品により、少しのキズやピンホールがないかチェックして出荷します。



山田兄弟製紙 株式会社 〒915-0235 福井県越前市不老町15-4
Tel:0778-43-0043 Fax:0778-43-0044
E-mail:papyrus@yamada-keitei.com