越前和紙の山田兄弟製紙は、雲華紙、新鳥の子紙、襖紙などや環境にやさしいヨシ紙を製造しています。

久兵衛KYUBEI

久兵衛とは

kyubei


「量は倍、価格は半分、質は上等」

製紙メーカーが製品として出荷できない紙の事で、厚さや色が違っていたり、ゴマ粒ほどのゴミが入っていたり。通常使うには何の問題もない和紙。こんな和紙を文房具に。「量は倍、価格は半分、質は上等」をコンセプトに、工場内でひとつひとつ丁寧に手作りしています。

もみ加工された漉き合わせ模様紙
もみ加工された漉き合わせ模様紙
和紙に猫が漉き込みされたにゃん太郎シリーズ
和紙に猫が漉き込みされたにゃん太郎シリーズ

久兵衛の名前の由来

kyubei


久兵衛

1882年(明治15年)創業の山田兄弟製紙株式会社。創業者は七代目山田久兵衛。

八代目山田久兵衛が名前を継ぎ、手漉きだった工場を機械漉きにしました。

現在では、九代目が社長を務めています。

2011年(平成23年)代々受け継がれる「久兵衛」の名前を冠して店舗名としています。

久兵衛の人気商品

kyubei


MEMO PAD

久兵衛の看板アイテムMEMO PAD。
メモとしてのご使用はもちろん、折り紙、コースター、懐紙などアイデア次第でいろいろなものにご使用頂けます。オンラインショップでは久兵衛の使い方を募集しています。これまで頂いた使い方は久兵衛のお客様の声でご紹介しています。

定番商品のメモパッド
久兵衛 マスクケース
越前和紙を抗菌加工したマスクケース

マスクケース

マスクの触れる内側に抗菌和紙を使用し、菌の繁殖を抑えることが出来るマスクケース。
カラフルな漉き合わせのマクスケースと抗菌和紙で透かし模様が入った使い捨てのマスクケースの取り扱いがあります。使い捨てのマスクケースは業務用として、お店の名前を印刷することが出来ます。メールにてご相談下さい。

ポチ袋

越前和紙の漉き合わせという技法で漉かれた和紙をポチ袋にしました。全国の二万を超える郵便局でも取り扱いがあります。何かと使えるのでカバンの中や机の中に忍ばせておくと活躍します。

大人気のポチ袋
大人気のポチ袋

紹介した商品は久兵衛にて販売されています。